トップ 堀 知佐子の「美をつくる食卓」 / FOOD 鮭と海老ときのこの全粒粉パスタ/かぼちゃのポタージュ

賢く学んで・つくって・キレイになるレシピ

堀 知佐子の「美をつくる食卓」

2016年10月19日

文/堀知佐子(レストラン『Le Rire』オーナー兼シェフ)

FOOD

鮭と海老ときのこの全粒粉パスタ/かぼちゃのポタージュ

所要時間20分/カロリー数 パスタ419kcal・ポタージュ102kcal 鮭と海老ときのこの全粒粉パスタ/かぼちゃのポタージュ
鮭と海老ときのこの全粒粉パスタ
●材料(1人分)
鮭 1/2切れ
海老 2尾
まいたけ 1/3パック
たまねぎ 10g
酒 30㏄
しょうゆ 小さじ2
全粒粉のパスタ 70g
パセリ 少々
塩 少々

●つくり方
1、海老は殻を外し、背ワタを取り、背側に包丁目をいれる。まいたけはほぐし、たまねぎはみじん切りにする。
2、耐熱皿に鮭・海老・まいたけを入れて酒を振り、ラップをし、レンジにかける(500wで2分半)。
3、2の鮭を粗くほぐす。
4、塩を入れた熱湯でパスタを時間どおりにゆでる。
5、ボウルに鮭・海老・まいたけ・たまねぎ、レンジにかけた後の酒とパスタ、しょうゆを入れてよく和え、皿に盛りつけ刻んだパセリを振る。

かぼちゃのポタージュ
●材料(1人分)
かぼちゃ 50g
たまねぎ 30g
水 200㏄
塩 少々
こしょう 少々
豆乳 100㏄
パセリ 少々

●つくり方
1、かぼちゃ・たまねぎは皮をむいてザク切りにし、鍋に水を入れて火にかける。かぼちゃが柔らかくなったら火を止め、ミキサーにかける。
2、1と豆乳を鍋に入れて火にかけ、よくかき混ぜ、沸騰したら塩・こしょうをして、器に盛りつけ刻んだパセリをふる。

●美をつくるポイント
ビーフカレー&ピクルス

鮭とかぼちゃはアンチエイジングの王様と女王様といわれるほど抗酸化効果の高い食材です。かぼちゃは抗酸化ビタミンといわれるビタミンA・C・Eを含むほか、食物繊維も含みます。鮭と海老の赤い色はファイトケミカルで最も強い抗酸化作用がある「アスタキサンチン」を含み、まいたけにはβ「グルカン」という食物繊維様物質をきのこ類の中で最も多く含み、免疫力を高める効果もあります。

堀知佐子

堀知佐子(ほり・ちさこ) 管理栄養士・食生活アドバイザー・アンチエイジング料理スペシャリスト。レストラン「Le Rire(ル・リール)」シェフ。京都の調理師学校で教鞭をとった後、京料亭「菊乃井」の物販事業部責任者を経て、2010年株式会社「菊の井」常務就任。08年アンチエイジングをコンセプトとしたレストランを開業。料理教室の開催、地方自治体アドバイザー、講演など、食と健康をテーマに幅広く活動。著書に『みそと野菜でアンチエイジング』『100歳まで錆びない栄養レシピ』など多数。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. レシピ
  2. 堀知佐子

ワコールをフォロー

  • Facebook WACOAL BODY BOOK 公式アカウント
  • Twitter WACOAL BODY BOOK 公式アカウント
  • Instagram WACOAL BODY BOOK 公式アカウント
  • RSS