トップ ランジェリー★EXPRESS / BEAUTY ランジェリーのベーシックが進化!

インナーファッションの流行ウォッチング

ランジェリー★EXPRESS

2015年9月 2日

文/武田尚子(ジャーナリスト)

BEAUTY

ランジェリーのベーシックが進化!

写真すべて/VANNINA VESPERINI 写真すべて/VANNINA VESPERINI 「毎シーズン、トレンドが変化するのがファッション」という常識が、近年は少しずつ変化しています。一過性の流行には飽きが来ているといってもいいかもしれません。
パリのランジェリー展でも、「everyday」「timeless(時代を超える、時間に制限されない)」といったキーワードが頻繁に聞こえるようになっています。世界的な経済格差の問題を背景に、人々が将来への不安を抱える中で、足元の日常を大事にしたいという思いが強まっているのです。
デザイナーブランドのモダンなベーシック
フランスの中でもラグジュアリーなランジェリーのデザイナーブランドとして地位を保っている「VANNINA VESPERINI(ヴァニナ・ヴェスプリーニ)」。シルクとリバーレースの美しい配色のバリエーションで目を引きますが、前シーズンから「INTEMPORELS」("時代を超えたもの"という意味のフランス語)という新しいグループをスタートさせています。
これはチュールとレースという2素材を軸に、新しい時代のベーシックを提案しているもの。ベーシックなブラ&ショーツに、シンプルな長袖のトップスやボディ、またはワンピースなどが自由に組み合わせられるようにアイテムが構成されています。色は、永遠の色といえる白と黒。これらのトップスやワンピースは、まさに同ブランドのコンセプトである「Dessous Dessous(下にも上にも)のとおり、幅広い意味のインナーウェアとなっています。 VANNINA VESPERINI 透ける素材から見える内側のブラとのマッチングがおしゃれで、レースアイテムが外側になったり内側になったりする表情の違いや、手持ちのカラフルなブラ&ショーツを中に合わせて色の組み合わせを楽しむこともできます。また、上にペチコート重ねると、エレガントな大人の女性の装いの準備が完了。こうなると上に着るアウターウェアは最小でOK、という感じですね。
女性のワードローブの中で軸になるもの
このように、「ベーシック」といっても、過去のベーシックとは違い、女性のライフスタイルや装いの変化に合わせてベーシックも変わります。ブラジャーを例にとっても、従来のようなレース使いの接ぎタイプではなく、シンプルなシームレスのモールドタイプが世界的にベーシックの主流となっていますが、そのモールドタイプもより機能的で快適なものへと日々進化を見せています。
色も、黒に加えてスキンカラーが欠かせませんが、このスキンカラーも従来のベージュではなく、モカ系、ゴールドベージュ系、パウダーピンク系と、微妙でおしゃれなバリエーションが広がっています。
ただ、いくら便利で実用的といっても、ベーシック一辺倒では満足感が得られないのは当然。新鮮な色やプリント、レースは、いつも私たちのおしゃれ心を刺激し、高揚感を与えてくれます。
さらに、ベーシックをブラなど単品でとらえるだけでなく、先ほどの「ヴァニナ・ヴェスプリーニ」のように、女性のワードローブの一部として考え直す時期にきているようです。インナーとしてもアウターとしても、家の中から外へ、ジムから街へと、いろいろな場面で着ることができる汎用性も求められています。一方、ウエディングやスポーツといった専門性の高い分野も、長期的な定番品としてメーカーが注目しています。
毎日の上質なベーシックと、魅力的なファッション――この両方のバランスが大事になっていることは確かです。
武田尚子(ジャーナリスト)

武田尚子(ジャーナリスト) インナーウェア専門雑誌の記者を経て、1988年にフリーランスに。以来、ファッション・ライフスタイルトータルの視点から、国内外のランジェリーの動きを見続けている。著書に『鴨居羊子とその時代・下着を変えた女』(平凡社)など。
「パリ国際ランジェリー展」など年2回の海外展示会取材は、既に連続30年以上となる。現在、ライフワークとなる新たな計画を進行中。
http://blog.apparel-web.com/theme/trend/author/inner

関連キーワード

  1. ランジェリー
  2. 武田尚子

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • RSS