トップ ランジェリー★EXPRESS / BEAUTY インナーウェアも『スポーツ』に注目!

インナーファッションの流行ウォッチング

ランジェリー★EXPRESS

2015年7月29日

文/武田尚子(ジャーナリスト)

BEAUTY

インナーウェアも『スポーツ』に注目!

2015「モード・シティ」展 2015「モード・シティ」展では、ファッションショーでもスポーツタイプが目についた。 2020年の東京オリンピック開催もあって、スポーツウェアやスポーツインナーが盛り上がりを見せつつありますが、これは国内だけの現象ではありません。 健康志向からランニングやウォーキング、ヨガなどによって、世界的にスポーツ人口が拡大し、日常のライフスタイルに密着した新しい分野として成長が期待されています。
7月5日から3日間、パリで開催されたランジェリーとスイムウェアの展示会「モード・シティ」展でも、今回の大きなテーマとして"スポーツ"がフォーカスされていました。
異なるカテゴリーの橋渡し役
ランジェリー(インナーウェア)においてもスイムウェアにおいても、もっというとファッションやライフスタイル全体の中で、"スポーツ"は一大トレンドになっています。パリのデパート「ギャラリー・ラファイエット」では、ランジェリーとスイムウェアのフロアに、ヨガを中心とするスポーツウェアの大きな売り場が出現していました。
スポーツウェアは、下着と水着、あるいは水着とスポーツウェア、水着とカジュアルウェアというように、異なる領域をつなぐ(ボーダーをなくす)重要なキーワードとなっています。実際に、今回の「モード・シティ」でも、インナーウェアなのかビーチウェアなのか見分けがつかないものが増えていました。中にはその両方に使えるものさえあります。
スイムウェア(泳ぐため)からビーチウェア(海岸で楽しむ)へと発展してきた水着についても、次なる進化として改めてスポーツという方向性があり、このスポーツウェアやアクティブウェアはまさにインナーウェア側とも密接な関係になっています。つまり、インナーウェアなのかスイムウェアなのかという、従来のカテゴリーで分けてとらえる時代ではなくなっているのです。 トレンドの水着素材が勢ぞろい トレンドの水着素材が勢ぞろい
機能性への強みが発揮できる分野
さらに、ランジェリーからの視点でいうと、今なぜスポーツなのかという背景には、業界が抱える深い事情があります。グローバルな大手小売りチェーンが世界のランジェリー市場をも席巻する中で、専業メーカーや素材メーカーにとっては、自らの強みである物づくりや機能性を武器に、存在意義を高めたいという思いがあります。特に体型補整をはじめとするファンデーションのノウハウを発揮できるのが、このスポーツの分野なのです。 2016秋冬・素材トレンドフォーラム スポーツはランジェリー素材の一要素として欠かせないものに(2016秋冬・素材トレンドフォーラムより)。 水着大国イタリアはもとより、近年ではフランスの伝統的なファンデーションブランドも次々に水着に着手。アジアを含めた世界市場への進出を始めています。また、日本の原糸メーカーである旭化成が、イギリスを代表する有力小売業「マークス&スペンサー」とのコラボでスポーツブラの展開を進めるというように、さまざまなアプローチが見られます。
「モード・シティ」は時代に求められたトレンドではありますが、製造業側がリードしていることも、事実のようです。 「モード・シティ」展 スポーツやメディカルを意識したイノベーション素材の新エリア。このページの写真はすべて2015「モード・シティ」展より。
武田尚子(ジャーナリスト)

武田尚子(ジャーナリスト) インナーウェア専門雑誌の記者を経て、1988年にフリーランスに。以来、ファッション・ライフスタイルトータルの視点から、国内外のランジェリーの動きを見続けている。著書に『鴨居羊子とその時代・下着を変えた女』(平凡社)など。
「パリ国際ランジェリー展」など年2回の海外展示会取材は、既に連続30年以上となる。現在、ライフワークとなる新たな計画を進行中。
http://blog.apparel-web.com/theme/trend/author/inner

関連キーワード

  1. ランジェリー
  2. 武田尚子

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • RSS