トップ アゲませ女♥召しませレース / HEART / BEAUTY 私がパンツに求める3つのこと(*^_^*) 8月2日は #パンツの日

女ですもの、楽しまなくちゃ。さあ、ご一緒に

アゲませ女♥召しませレース

2014年7月 9日

プレゼンター/りぼん(ワコール宣伝部
プロフェッショナルクリエイター)
取材/大庭典子

HEARTBEAUTY

私がパンツに求める3つのこと(*^_^*) 8月2日は #パンツの日

Image 写真のブラジャー、ショーツはすべて「ツモリチサト」。ブラジャーは樹脂ワイヤーなので、つけごこちもやさしく、深めのパンツで寒さ対策もバッチリ。"私の求める下着の条件を満たしている!"と、撮影後すべてをお買い上げ~♪
寒さから守り、ここちよくヒップを包むパンツ大歓迎!
突然ですが、みなさんはパンツに何を求めますか(笑)。ごめんなさい...本当に唐突でしたね。ということで、今回パンツの日(8月2日)にちなんで、再びパンツについて大いに語るの巻なのです(笑)。パンツに求めること...私はね、"寒さから守ってくれること"そして"丸み"。もうひとつ"ここちよさ"かな。(^。^)y-.。o○

最初の"寒さから守ってくれること"ですが、特に眠っているとき、パンツは"寒さ"からおなかを守ることが大きな使命だと思っています(^'^) 私は睡眠中のパンツは日中のものとは分けています。寝るときは...そう、おへそまである完全ガード態勢。この年齢になって痛感します。やはり"寒さ"は大敵だぞ、と。蓄積された寒さは、後にからだに現れます(-"-)

からだを冷やしてしまうことは、美容にも健康にも心にも悪い影響があると言われていますものね。冬の寒さだけでなく、夏だって冷房の効き過ぎや冷たい飲み物など、知らずにからだを冷やしています。なので、おへそまである深いパンツは一年中手放せません(*^_^*) 私は夜用に限っていますが、今回撮影したパンツもしかり、今は日中にはいてもかわいらしい深めのパンツがたくさんありますものね(^_-)-☆

そして"丸み"。私はかねがね、パンツにはヒップの"丸み"をきちんと出してもらいたい、と思っているのです。もちろん、レースのショーツ1枚ではその役割が十分に果たせないこともあります。そんなときに頼れるのがガードルです!(^^)!

日中に"ガードル"をはくことは、もう何十年も続けている習慣。これはヒップアップ効果を狙ってということももちろんありますが、何よりも洋服を着たときのヒップの"美しい丸み"、これをガードルに託しているのです。しかも"ロングガードル"が我が鉄則(笑)。

なにより以前にもお伝えしたように、私は、"サイズの合わない下着"によってボディラインに現れるデコボコとした"段差"を心から憎んでおりますゆえ(笑)、必ずロングガードルをはいています。そして、スカートのときは色をベージュと決めています。ふとした拍子にタイトスカートのスリットなどから見えてしまっても、肌に近い色なら大丈夫です(*^_^*)

もうひとつのマイルールとしては、ウエスト58cmなら64cmのものを、64cmなら70cmのものを、というように、1サイズ大きめを選ぶことでしょうか。からだを動かすときに少しでもしめつけ感があるのは嫌なので、少しゆとりをもっていたいのです。息する時間もないくらい(それはないか...)忙しいとき、ほんの少しのしめつけが大きなストレスになってしまいますもの。しかも、1サイズ大きめならボディラインに"段差"がつくこともなく、安心です(^^)/
肌ざわりがよければ、まずは合格としましょ!
そして最後は"ここちよさ"。下着の肌ざわりは、心の満足に直結していますからね。逆に素材が肌に合わないときの、あのちくっとした痛みやかゆみほど不快なものはありません。優秀な機能がついていなくたって、華やかな装飾のものじゃなくたって、やさしい肌ざわりがあれば...パンツとしては合格◎だと思うのです。さらに柄が好み、色が美しい、とプラスαの要素があれば、なおGood。

もしも、機能重視のパンツをはいていて、パンツ姿のご自身を見たときに"あぁ見た目が少し平凡でちょっと残念..."(――;) なんてがっかりすることがあるならば、ぜひおすすめしたいのが、タップパンツ。パンツ型のペチコートのことですね。上から一枚はくだけで、女性らしさ、ロマンチック度はぐんとアップしますよ。ぜひお試しください(*^^)v

これまで、ブラジャーやランジェリーについて、大人として~、勝負するなら~と、さんざん辛口なことを言っていた私ですが、パンツにはちょっぴり甘めなのでした。フフフ。(●^o^●)

Image

りぼん (ワコール 総合企画室 広報・宣伝部 制作課 プロフェッショナルクリエイター) ずいぶん昔に(秘密...(^_-)-☆)ワコール本社入社。
「モア クレエ」「パルファージュ」チーフデザイナー、「サルート」「トレフル」プランニングデザイナーなど、バブリーな時代のランジェリーデザイナーを経て2012年より現職。
デザイナーとしての豊富な経験や視点を活かし、マーケティングをはじめ、さまざまなプロジェクトや、講師などで活躍中。

撮影(イメージカット)/柏原真己

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS