トップ 1分楽トレ / BODY 【特集/背中美人は肩甲骨から!】「肩甲骨美人」になるための今週の楽トレ2

1分単位の楽ちんトレーニングで、からだが変わる! キレイになる!

1分楽トレ

2013年6月12日

指導/有吉与志恵(コンディショニングトレーナー)
取材・文/川口夏希<attik>(ライター)

BODY

【特集/背中美人は肩甲骨から!】

「肩甲骨美人」になるための今週の楽トレ2

斜角筋スリスリ
「肩甲骨美人」になるための2週目は、首すじのコリを改善するリセットを。首すじは肩甲骨には関係ない部位だと思われがちですが、首の筋肉をリセットし正しい位置(アライメント)に戻すことは、肩甲骨を動きやすくするためにはとっても大切。斜角筋を整えれば、首まわりが軽くなるだけでなく、肩甲骨もスムーズに動くようになります。 Image 耳の横から斜め下、鎖骨中央に向かって走る斜角筋を2本の指で圧をかけながら、上から下へとさすっていく(20回)。反対側も同様に行う。

Image 2 鎖骨を2本の指で挟むようにし、少し圧をかけたまま、からだの中心から肩に向かってさする。筋肉がやわらかく感じられるくらいまで繰り返す。

●POINT
さするときは老廃物を流すイメージで、一方向に向かって。指の腹全体でじんわり圧を加えていく。さすっていくと、コリがしだいに取れ、筋肉が柔らかくなるのを感じられるはず。顔色がぐんと明るくなるので、朝のメーク前にもおすすめ!
Image

有吉与志恵(コンディショニングトレーナー) 「頑張らない運動」で、体調を劇的に改善させるメソッドを開発し、「すこやかや」「CLEVA」「HEARTH ISM」などのスタジオを監修。近著に『DVDでマスター! 体幹が変わる! コアトレベーシックブック』があり。
http://ariyoshiyoshie.com/
※"有吉与志恵メソッド"とは......有吉与志恵が開発したコンディショニングメソッド。筋肉へフォーカスし、からだをいったん元々ある状態へリセットするのが最大の特徴。これにより、歪みやコリも改善され、筋肉本来の働きをトレーニングで得ることがきる。

撮影/長谷川 梓

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. 有吉与志恵
  2. 肩甲骨
  3. 背中

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS