トップ スリムの法則「食に美あり!」 / FOOD 「噛む回数アップ!」の法則

知ればスリムに差が出る! 日常でできるプチ・ルール

スリムの法則「食に美あり!」

2013年5月29日

文/じゅんこりん
イラスト/いしわたりきわこ

FOOD

「噛む回数アップ!」の法則

Image 前回も書きましたが、これから来る夏は、まさにそうめんやざるそばがおいしい季節。
しかし、このとき気をつけたいのが、「歯ごたえ」。
特に冷たい麺類は、かまずにそのまま飲み込むことも多いかと思います。
また、冷麺などでハムやキュウリ、卵などを添えても、細切りなどになってしまいがち。
そんな麺類にいかに「歯ごたえ」を加えるか、が今回のポイントです。
実は、少し切り方を変えるだけ、種類を増やすだけでこんなに変わるんです!
工夫によって変わる噛む回数は、

・切り方を変える    きゅうりの輪切り 18回 < 乱切り 30回
・野菜の種類を増やす  1種類 24回 < 3種類 38回
・加熱での違い     ふろふき大根 12回 < 大根(生) 23回

たったこれだけのことですが、1回の食事で何回、口に運ぶかを考えると結構差が出るものです。
「噛んだら満腹中枢が刺激される」 これはみなさんよくご存知ですよね。
食べ過ぎを防ぎ、太るのを防ぐのです。
栄養分を加えて代謝アップ! と共に、
噛む回数アップで、スリムアップを目指しましょう。

文/じゅんこりん 1980年1月生まれの山羊座。広島生まれ、広島育ち。名古屋の大学を出て、広島の国立病院勤務、ワコールの管理栄養士を経て再び病院勤務でメタボ予防に携わっている。小さいときからチョコ好き。その他、太るといわれるものはほとんど好き。食いしん坊はいまだかわらず、B級グルメが大好き。

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS