歩きグセにご用心!

特集/ウォーキング・ビューティ

先生/長坂靖子(日本ウォーキングセラピスト協会 代表)

足裏全体を使った歩き方とは? ウォーキングの効果を上げるためには、まず正しい姿勢を身に付けることから(前回の記事)。では、いよいよ正しい歩き方について、日本ウォーキングセラピスト協会代表・長坂靖子先生に教えていただきます。

ちょっとした歩きグセが、からだのゆがみをつくる

正しい姿勢で立てるようになったら(前回の記事)、本当はその姿勢をキープしたまま歩くのが理想です。ところが、みなさんそれぞれにからだのゆがみや日常動作のクセがあるため、一歩踏み出した途端に正しい姿勢が崩れてしまうようです。まずは基本の姿勢を崩さないようにしながら、踏み出した脚をかかとから着地するようにしてみましょう。その時、つま先が外側に向いたり内側に向いたりしていないか、確認しましょう。鏡に向かってやってみるとわかりやすいのですが、かかとで着地したらそのポーズのまま、鏡に映った自分の足裏がどうなっているかチェックしてみて下さい。 正しい歩き方 理想的なのは、つま先、かかと、ひざが同一方向を向いていることです。土踏まずのアーチのカーブも、床に対して斜めになったりせず、垂直方向を向いているのが正しい歩き方です。
実際にやってみると、つま先が外側を向いている方が多いのですが、脚を真っすぐに着地して、足の裏全体を使って歩けるようになると、外股で歩いたり、内股で歩いたりということがなくなります。O脚やX脚は脚の筋肉のゆがみが原因なのです。

また、靴底の減り方でも歩きグセがわかります。私が知る限りでは、外側ばかり減るという方が多い印象です。それだけでなく、減り方に左右差がある方がほとんどです。これは重心のかけ方に偏りがあるからですが、それによって左右で脚力の差も出てきます。というのも右脚を前に出したときと、左脚を前に出したときで歩幅が変わってしまい、使う筋肉が偏ってくるからです。どこか1カ所が崩れることで、全身にゆがみが出るという仕組みがこんなことからもおわかりいただけると思います。腰やひざが痛むのは、ちょっとした歩きグセが原因ということもあるのです。

正しい歩き方のポイントは後ろ脚だった!

日本人の多くが、前脚でからだを引っ張るような歩き方をしています。歩くという動作は、二本の脚を使うわけですから、後ろの脚もきちんと使ってバランスよく歩きたいものです。
前脚のかかとで着地したら、後ろ脚で地面を蹴ってからだを前に押し出すのが正しい歩き方です。これができないのは、脚の外側に重心があるからです。からだの真ん中に重心を置いて歩けば、足の指を使ってしっかり地面を蹴ることができます。前脚と後ろ脚をバランス良く使えるようになれば、歩くことで脚の筋肉が立体的になって美脚が望めます。

歩幅は、人それぞれの適した長さ(適正歩幅)があります。脚を肩幅に開き、そのままからだを横に90°回転させたときの歩幅が適性歩幅です。できるだけこの歩幅より広く歩いて下さい。正しい姿勢、正しい歩き、正しい脚運びをしていると、後ろ脚で蹴ることになるので、特に意識しなくても自然と歩幅が広くなります。そうすると、脚の後ろの筋肉をダイナミックに使うことができます。

無理に長い距離を歩く必要はありません。まずは1日100歩でもいいので、正しい姿勢をキープして正しい歩き方を心がけてみましょう。100分間もエクササイズをするのは大変ですが、「ちょっとあの信号まで正しい歩き方をしてみよう」というふうに、少しずつ実行することがコツです。歩き方や姿勢というのは日常習慣ですから、正しい形を意識して、しっかりと自分のものにすることが大切です。

----正しい姿勢、正しい歩き方、どちらも難しそうに思えますが、つまり自分の歩きグセを変えていくことから始めればいいことがわかりました。次回は、正しい歩き方と偏った筋肉の使い方、それぞれによって起こる健康への影響をお伺いします。
長坂靖子

長坂靖子 日本ウォーキングセラピスト協会代表理事。16歳でミス日本受賞後、1985年よりモデルとして活動。1989年国際文化協会主催「ミス・インターナショナル/ミス・ワールド日本代表選出大会」において、90年準ミスワールド日本代表のタイトルを獲得。ウォーキングトレーナーとして、美と健康をテーマに幅広く活動。室内で行うストレッチ教室をはじめ、屋外で行うウォーキング教室とバリエーション豊かなカリキュラムにファンも多い。著書多数。

取材・文/飯塚りえ
イラスト/190

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

あわせて読みたい

歩く前に、まず姿勢!
歩く前に、まず姿勢!
  • ビューティ&ヘルス

2015.08.26

ウォーキングスタイリスト清水春名さんの美しい歩き方10の秘訣<前編>
ウォーキングスタイリスト清水春名さんの美しい歩き方10の秘訣<前編>
  • ビューティ&ヘルス

2015.08.19

深い呼吸で美しさもアップ!
深い呼吸で美しさもアップ!
  • ビューティ&ヘルス

2015.01.14

後ろ姿のセクシーな女を目ざしたい
後ろ姿のセクシーな女を目ざしたい
  • ファッション

2014.11.12

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20