トップ からだ用語辞典 ATP(アデノシン三リン酸)

ワコールならではのからだと下着のなんでも辞典

からだ用語辞典

ATP(アデノシン三リン酸)

【あでのしんさんりんさん】

筋肉の収縮など、あらゆる生命活動においてエネルギーを使ったり貯めたりする際の媒介となる物質。「生命のエネルギー通貨」と呼ばれる。

監修/広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)
精神科医。認知症予防医として認知症やうつ病、統合失調症などの精神疾患治療に携わる。メンタル産業医でもあり、働く人のメンタルヘルスにも関わっている。

※当サイトに掲載されているコンテンツすべて(文章、画像など)の転載・転用・複製・改変を固く禁じます。

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS