トップ からだ用語辞典 股関節

ワコールならではのからだと下着のなんでも辞典

からだ用語辞典

股関節

【こかんせつ】

骨盤と太ももの骨(大腿骨<だいたいこつ>)をつなぐ、からだの中で最も大きな関節。
丸い大腿骨頭が臼のような寛骨臼(かんこつきゅう)の中にはまり込むように形成されている。これによって、前後、左右、回旋と自在に動くことができる。関節の周りは筋肉で取り囲まれていて、その働きで上半身の体重を受け止め、動きを制御している。
「立つ」「座る」「歩く」などさまざまな動きの要となる非常に重要な関節である。 Image 監修/山口光圀(理学療法士・健康心理学博士、日本肩関節学会会員)
神奈川県にて開業したセラ・ラボで肩のコンディショニングを行うほか、講演・セミナー活動も行っている。

※当サイトに掲載されているコンテンツすべて(文章、画像など)の転載・転用・複製・改変を固く禁じます。

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS