トップ からだ用語辞典 心房性ナトリウム利尿ペプチド

ワコールならではのからだと下着のなんでも辞典

からだ用語辞典

心房性ナトリウム利尿ペプチド

【しんぼうせい・なとりうむ・りにょう・ぺぷちど】

運動することで心房で合成され、血中に分泌されるホルモンで、通称"心臓ホルモン"。
生理活性を持つアミノ酸28個からなるペプチドの一種で血管を拡張させる作用もあり、血圧の調整に重要な役割を果たす。

監修/森谷敏夫(京都大学大学院 人間・環境研究科教授)
ウォーキングやニートと健康との関係についての研究も多数。

※当サイトに掲載されているコンテンツすべて(文章、画像など)の転載・転用・複製・改変を固く禁じます。

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS