• 2018.08.08

ミドル脂臭

【みどるししゅう】

常在細菌のひとつ、ブドウ球菌が汗の中の乳酸をエサとして増殖し、ジアセチルというにおい成分を発生させる。そこに、皮膚臭(中鎖脂肪酸)が混じることで、古い油のような不快なにおい---ミドル脂臭となる。ジアセチルの発生率は、30代後半か50代後半の男性が最も多い。女性も量は少ないけれど発生するため、におう可能性も。

監修/関根嘉香
東海大学理学部化学科 教授。慶應義塾大学大学院非常勤講師。室内空気汚染(シックハウス症候群)に関する研究では、シックハウス症候群の原因物質、ホルムアルデヒドの常温分解触媒を世界で初めて開発。その後、皮膚ガスの研究をスタートさせ、においによって病気を早期発見できるよう、日々研究に取り組んでいる。環境化学技術賞、室内環境学会賞・論文賞など受賞多数。

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20