• 2013.08.21

褐色脂肪細胞

【かっしょくしぼうさいぼう】

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類の細胞がある。褐色細胞とは、体温維持などを目的として脂肪を燃やす脂肪細胞のこと。肩や首、背中に集まっている。大人になるにつれ量は減ってしまうが、少しの量でもシャープに効くので、活性化すれば、エネルギー代謝のいい太りにくいからだに。

監修/渡辺光博(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授 ヘルスサイエンスラボ代表 兼環境情報学部、兼医学部)
「胆汁酸の調整で肥満、糖尿病が改善」との研究発表が現在、多くの注目を集めている。

※当サイトに掲載されているコンテンツすべて(文章、画像など)の転載・転用・複製・改変を固く禁じます。

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20