女ですもの、楽しまなくちゃ。さあ、ご一緒に

アゲませ女♥召しませレース

2013年10月 9日

プレゼンター/りぼん(ワコール宣伝部クリエイティブプランナー)
取材/大庭典子

HEARTBEAUTY

彼の視線も釘づけ!「スリップ」のチカラ

Image
女の価値をワンランクアップさせるアゲ⤴アイテム
第4回で「"段差"のあるからだがいちばんブサイク!」、第5回で「つけるだけで"女"が目覚める下着」のお話をしましたが、覚えていますか?(^。^)y-.。o○

からだのお肉が下着からはみ出て段差をつくってしまうことのないよう、しっかりスムージングできて、さらに身につけているだけで自信がもてたり、自分の気持ちもアゲてくれる...下着を身につけるうえでこのふたつはとても大事な要素です(*^_^*)

これらの条件をかなえた、私のランジェリー史には欠かせないほどお気に入りの下着、そしてぜひあなたにも着目してほしいアイテムがあるんです...それは、「スリップ」(^_-)-☆

あ、今「スリップって...何?」「スリップかぁ、ちょっとダサイな」「おばさんぽいあのベージュの?」と思ったあなた♪ 私が胸を張っておすすめするのは、ダサさからはほど遠いSo Beautiful☆なスリップですよ。

日本では、おばさんの~とか、思われがちですが、ヨーロッパでは女性の色気や上質さを表すものとして、おしゃれな女性、洗練された女性、そして成熟した女性に深く浸透しているのです。

たとえば、女性らしいやわらかさが強調できるテロンとしたワンピースを着る日、どんな下着を合わせますか? 張り切ってゴージャスな下着を合わせたはいいけれど、薄い生地の洋服は下着のラインが見えたり、ひびいたり。。^_^;

下着のラインが洋服越しに見えるのは、ご法度です。しかも、からだに段差があったりなんかしたら...ノオォ! どんなおしゃれな洋服も、どんな素敵な下着も台無しの「残念な女」になってしまいます。

はい、ここで「スリップ」の出番です(^^)/

スリップは、下着とワンピースの間に一枚はさむことで、洋服にも響きにくくなりますし多少のからだの段差もカバーしてくれる優れもの。しかも、服の生地がからだに直接触れないので、生地がまとわりつかず、足さばきもよく、快適なんです。さらに、からだのラインが透ける心配からも解放されます。
スリップで脱たるみ&ゆるみ! 視覚効果も楽しんで(*^_^*)
そして...スリップは、女性としての魅力を引き立ててもくれますよ。短め丈のスリップで鏡の前に立ってみると、どんな豪華なブラショー(ブラジャー&ショーツのセット)にも負けないほど、美しくセクシー!

それに、スリップはエイジングが気になるボディにだってうれしいことがあります。おなかのたるみもエイジングによる肌のゆるみも、美しい布の中に収めてしまうスリップならば...ね、見えないんです(笑)。 Image 繊細なレースやシルクサテンなどのつや感のある最高の肌ざわりの素材、肌をしっとりと見せてくれる深い色合いで仕上げたスリップの美しさは、女としての価値を確実にワンランクあげてくれることを私、りぼんが保証します。

深いVネックのワンピースからちらりと見えても、品性を損なわず色気が漂います。自分に自信をつけるにも、女度をアゲるにも、彼や旦那さんに新鮮な美しさを見せるにも、最強のアイテムじゃないかな、って思います(*^^)v おばさんぽい、と敬遠していたアナタ。女っぷりをアップさせるために、ぜひ一枚!
Image

りぼん (ワコール 総合企画室 広報・宣伝部 制作課 クリエイティブプランナー) ずいぶん昔に(秘密...(^_-)-☆)ワコール本社入社。「モア クレエ」「パルファージュ」チーフデザイナー、「サルート」「トレフル」プランニングデザイナーなど、バブリーな時代のランジェリーデザイナーを経て2012年より現職。デザイナーとしての豊富な経験を活かし、マーケティングをはじめ、さまざまなプロジェクトや、講師などで活躍中。

撮影(イメージカット)/柏原真己

関連キーワード

  1. りぼん
  2. アゲませ女、召しませレース

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. エイジング
  4. ヒップ
  5. 背中
  6. 肩甲骨
  7. ヨガ
  8. 姿勢
  9. 体幹
  10. ウォーキング
  11. むくみ
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ