トップ 美の流儀 / BODY / BEAUTY 【特集/首〜デコルテに美は宿る】さくら治療院・神崎貴子さんのネック&デコルテ美人10の秘訣<後編>

からだのために「やってる人」の奥の手公開!

美の流儀

2017年8月16日

語り/神崎貴子(鍼灸あんま指圧マッサージ師)

BODYBEAUTY

【特集/首〜デコルテに美は宿る】

さくら治療院・神崎貴子さんのネック&デコルテ美人10の秘訣<後編>

後編では、首や肩、デコルテ周りの悩みを解消するちょっとした心がけを、ツボやリンパに詳しい神崎貴子さんが伝授します。 神崎貴子さん
Secret6
スポーツを楽しく続けましょう
「最近はスポーツをする女性も増えてきました。スポーツを続けている女性は、肩や首コリが緩和されたと語る人が多いんです。大人が始めるスポーツは楽しいことが基本。自宅で簡単にできる運動を習慣にするだけでも、からだは変化していきます。私はトライアスロンをしているので、筋トレなど負荷の大きい運動も好きですが、テレビを見ながらバランスボールに乗ってコアを意識したりといった、疲れたときでも気軽に行えるエクササイズを習慣にしています」
Secret7
筋トレと有酸素運動をミックスさせてコリを解消
からだのコリを解消するには、筋トレも有酸素運動も、どちらも効果的。重い首を支えるには、首をはじめ肩や肩甲骨周りにも筋肉が必要だからです。有酸素運動は血行をよくするだけでなく、疲労物質も流れやすくなり、続けると調子がよくなっていくのが実感できるはずです。有酸素運動の目安は、ここちよい汗をかくくらいがベストです」
Secret8
タンパク質をとってからだの巡りを改善
「首や肩、デコルテ周りのコリをとりたいなら、その部分だけでなく、全身の巡りをよくすることが必要です。ダイエットすると、大切な栄養素も減ってしまいがちですが、動物性のタンパク質をとるように心がけましょう。基本的なことですが、運動して必要な栄養をバランスよくとることが、健やかなからだづくりには欠かせません
Secret9
上質な油をとって、からだを活性化
からだの巡りを改善し、艶やかな肌づくりをするには、上質な油をとることも大切です。私はエゴマ油が好きなので、ふだんの献立にとり入れるようにしています。首やデコルテはとくに年齢が出やすい部位でもあります。ダイエットして肌がパサパサにならないよう、油を怖がらすにうまく取り入れることを意識しましょう」
Secret10
アロマを使ってここちよくデコルテケアを
「デコルテはもみ返しが出やすい部位でもあります。強くもまずに、さするように優しくケアしましょう。アロマオイルをつけてマッサージすると、血行もよくなります。私はすっきり系のローズマリーやアルニカのアロマが好きで、夜でもリフレッシュ効果の高いオイルを使うことも。お風呂で楽しむアロマは、筋肉をやわらげる作用が期待できるバスミルクが気に入っています。アロマをいくつか用意して、その日の気分に合ったものを選ぶようにすると、楽しみながらケアを続けることができますよ入浴時には、 入浴時には、"ウェレダ"の『アルニカ バスミルク』で、からだの緊張をとって。デリケートなデコルテ周りには"インソーレ"のローズオイルもおすすめ。

神崎貴子 鍼灸あんま指圧マッサージ師、スポーツアロマトレーナープロフェッショナル。 現代に生きる女性のため健康をサポートする、「さくら治療院」院長。リンパやツボに関する知識は深く、『深層に響く、効く 神崎式 はじめてのツボ&リンパ』(大泉書店)や『体のツボ大事典』(宝島社)など著書も多数。さらに、美容からアロマまで、健やかなからだを保つための知識も豊富。
さくら治療院

取材・文/川口夏希
撮影/長谷川梓

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • RSS