トップ 商品づくりの現場から / BODY 妊娠したら、下着どうする? マタニティさんのからだに とことん寄り添う新商品!

インサイドストーリー

商品づくりの現場から

2016年8月24日

語り/西村恵美、久保良允
(ワコール ファミリーウェア営業部)

BODY

妊娠したら、下着どうする? マタニティさんのからだに とことん寄り添う新商品!

妊娠後、およそ1年をかけてマタニティさんのからだには、大きな体型変化が起こります。そのときに、「ブラはワンサイズ上げて...」などの対応では、快適さは感じられないはず。ワコールでは、マタニティさんの快適さと美しさをとことん追求したブラとショーツを開発。妊娠したらまずはコレを! と自信をもって提案したいその商品の開発秘話を教えてもらいました。 マタニティさんのからだに
とことん寄り添う新商品
妊娠したら、まずはコレを!
"ファーストマミング"という提案。
――新商品『ファーストマミングブラ』は、ノンワイヤーであることも大きな特徴ですね。

西村
 そうですね。これはお客さまの声から生まれました。"ラクちん"であることが求められることは、一般的にも最近の傾向として見られますが、マタニティさんにはより強くその気持ちがあって、「マタニティ用のノンワイヤーブラをつくってほしい!」という声は、たくさん届いていました。 ファミリーウェア営業部・西村恵美 ファミリーウェア営業部・西村恵美 ――といっても、一般的なノンワイヤーブラとは、機能も違うのだとか?

西村
 形は同じように見えてもまったく違います。妊娠がわかってから、出産に向けて新しい下着をそろえようと思うマタニティさんはたくさんいると思うのですが、よくある意見としては、「単にワンサイズあげればいいのかな」というもの。妊娠してバストが大きくなったからMからLにしようか、と。

――それはダメ、と。

西村
 はい。Mの人は、あくまで体型はMですから。からだ全体がLになるわけではないんです。その辺の正しい知識をきちんと広めることは、私たちの今後の課題でもあります。

久保 妊娠したら何を買ったらいいかわからない人も多いと思うので、ワコールでは、「妊娠したらまずはこのセットをそろえておけば安心」という「ファーストマミングセット」という提案も始めました。 左/ファーストマミングブラとバーシングショーツ、右/ファーストマミングブラと2Wayマミーショーツ 左/ファーストマミングブラ(D65からF75まで9サイズ展開)各¥5,800~とバーシングショーツ¥2,800(ともに色:GB)、右/ファーストマミングブラと2Wayマミーショーツ¥2,800(ともに色:SP)。すべて税別。 久保 全5点で、今回ご紹介する『ファーストマミングブラ』とペアショーツの『2Way マミーショーツ』と、ショーツはもう1点『おなかすっぽりパンツ』、この3点の新商品に加えて、産褥期用の『バージングショーツ』と『産前&産後 骨盤ベルト』。"ファーストマミング"という言葉は、第一子という意味ではなくて、あくまでも「妊娠したら」ということです。このセットで妊娠初期、中期、産褥期、産後という約16か月におよぶ大きな体型変化の時期をサポートする下着が網羅できます。またファーストマミングの商品には、かわいい赤ちゃんがモチーフのロゴがついたタグ(下の写真)をつけて、店頭でもわかりやすくしています。 ファーストマミングの商品は、卵形のタグが目印。社内ではマミングちゃんと呼ばれて親しまれている。 ファーストマミングの商品は、"マミングちゃん"(社内ニックネーム)のタグが目印。
バストを包む優しい手のひらを再現?!
画期的なノンワイヤーブラ!
――『ファーストマミングブラ』は、初期から産後まで?

西村
 そうなんです。今までは産褥期も含めた出産に関わるすべての時期に対応できるブラはご用意していなかったのですが、今回完成しました。このブラジャーのいちばんのポイントは、ノンワイヤーならではの悩みにも答えているところです。

――ノンワイヤーならではの悩み...、バストが流れちゃう、などですか?

西村
 まさに。ノンワイヤーは、楽ちんなのはうれしいけれど、バストが横に流れてしまうなど、造形性が弱いこと、きれいなバストが保てないことがもっとも多く聞かれる悩みでした。そこで、何とか解決できる方法はないかと考えました。 自分のバストで理想の形を描くときに、手のひら全体で包んで、そっと持ち上げるときれいな形がつくれますよね。そのときの指の構造を模倣した「手のひら構造」が、このブラジャーのなかに隠されているんです(下の写真)。 手のひら構造 ――そのしぐさは、女性なら誰もが覚えがありますよね。そう言われると、このなみなみが指のように見えます!

西村
 バストを覆う生地のなかに、伸びる部分と伸びない部分をつくって、手のひらの優しい感じを再現しています。仮に全部が伸びてしまうと、バストを造形できませんし、かといって全部を支えてしまうと、窮屈さを感じてしまう。力を抜くところと、きっちり支えるところの両方を指の形をお手本にして、配置しました。"造形もできて、しめつけ感がなく、ここちいい"を実現したのが、『ファーストマミングブラ』です。ちなみに、伸びない部分が上の写真で紫の部分です。

――外から見るとわからないけれど、こんなアイディアと技術が隠されているのですね。

久保
 技術面では、本当にたくさんの匠の力を借りました。この紫のフィルム部分は、縫製してないんですよ。より肌触りをここちよくするために、布の上に"接着"しているんです。 ファミリーウェア営業部・久保良允 ファミリーウェア営業部・久保良允 久保 その際に、どのくらいの圧力や温度で接着すればはがれないのか、さまざまなアイディアを出して何度もテストを重ねました。これまでになかったチャレンジに工場の方も最初は戸惑われていましたが、長崎の工場に直接出向き、この商品が生まれた背景、僕たちの気持ちなどもお話しして、今ようやく生産までたどり着くことができました。

生地は、メッシュウレタンというスリットが入っている素材(下の写真)を使用していて、スリットの開く方向を地の目と合うように設計しているので、伸びもよく、ワンサイズアップまで対応しています。 メッシュウレタン
肌触り、色合い、高い機能すべてに こだわった『おなかすっぽりパンツ』!
――そして、同じ柄でショーツも新たに発売されますね。

西村
 マタニティさんと言えば、おへその上まであるパンツを履いて...という一般的なイメージも最近では変わりつつありまして、"浅ばき"タイプのショーツを好む人が増えてきました。おなかの少し下あたりで履くタイプは、欧米では割と主流です。ただ、これは、産褥期には履けません。出産されてすぐのその時期は、おなかまですっぽり隠れるようなショーツが必要になります。

今回新たに発売される『おなかすっぽりパンツ』は、イエローやきれいなブルーといった、華やいだ感じの色を6色つくったことも特徴です。 おなかすっぽりパンツ(全6色)各¥3,000+税 おなかすっぽりパンツ(全6色)各¥3,000+税 ――かわいい色がそろっていますね。

西村
 開発にあたっては、肌触りにもこだわりました。脇のはぎ目もなくし、上部もテープレスに、商品タグも内側にプリントして、ここちよさを感じられるよう、設計しています。 おなかすっぽりパンツ商品タグは内側にプリント 西村 また、おなかの深い位置まで生地を二重にしているので、腹巻きのような機能があることも、特徴。さらに、カーブの部分に縫い目がないので、動いたときにもズレにくいという利点もあります。『おなかすっぽりパンツ』は、マタニティさんでなくても、腹巻きショーツとして愛用できるのもポイントです。

――それはいいですね。

西村
 『ファーストマミングブラ』も、その後ルームウェアとしても活用していただけると思いますよ。

――ブラもショーツも、一般の下着とはアプローチの違うこだわりや工夫があり、またそこにトレンドも反映させていることもよくわかりました。

西村
 妊娠がわかってから約1年、マタニティさんは大きな体型変化を経験します。そこに少しでも寄り添えるよう、またマタニティさんにとって、快適なマタニティライフの強い味方になる商品になれば、と願っています。

西村恵美

西村恵美 ファミリーウェア営業部 商品部 商品企画課。1983年に入社し、ワコールブランドデザイン課 ランジェリーデザイナーを担当。出産後、人間科学研究所でパターン作成や研究業務を経て、1995年ファミリーウェア営業部に。マタニティインナーを中心に、デザイン・機能開発を行う。2008年からは、マタニティインナー・パジャマ・子どもインナー・パジャマのチーフ・プランナーを担当。

久保良允

久保良允 ファミリーウェア営業部 商品部 営業課。2007年入社。2010年にワコールブランド・インナーウェア商品営業部 FL営業課にて、ボトムMDのサブ、ランジェリーMDなどを経て、2014年よりファミリーウェア営業部。子どもおよびマタニティ用のパジャマMDをメインの後にマタニティインナーMDに。

取材・文/大庭典子
人物撮影/平賀 源

関連キーワード

  1. マタニティ
  2. 久保良允
  3. 西村恵美

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • RSS